泌尿器科

泌尿器科について

四国がんセンター泌尿器科では、エビデンスレベルの高いデータに基づいた最良の医療を過不足なく提供することを目標に掲げ日々診療に臨んでいます。
また、当科は愛媛県下で唯一JCOG(Japan Clinical Oncology Group: 日本臨床腫瘍研究グループ)のメンバーになっていますし、全国の高度がん診療施設が組織する全国がん(成人病)センター協議会(全がん協:31施設)にも加入しています。全がん協施設間に構築された診療支援システム(がんネット)により、常時情報交換を行いながら診療機能の向上、臨床研究の推進に努めています。

泌尿器科で扱う悪性腫瘍は、腎がん、尿路上皮がん(膀胱がん、腎盂がん、尿管がんが含まれます)、前立腺がん、精巣がんなどです。これらの悪性腫瘍に対する治療は近年めまぐるしい発展を遂げています。前立腺がんや腎がんに対するロボット支援手術の導入、ヨウ素125密封小線源治療、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤による治療などです。当科ではこういった新しい治療にもすべて対応しております。しかし一方で、新しいことばかりに気をとられ、これまで行ってきた治療の結果を検証しなければ発展はなく、患者さんにフィードバックすることは決してできないと考えています。当科では常に臨床データをアップデートしており最良の治療についてカンファレンスを行っています。

一人の患者さんを治療する際には、我々泌尿器科医のみの力では不十分です。看護師をはじめ放射線科医(CTなどの画像検査)や病理医(顕微鏡での診断)など各方面の協力が必要不可欠です。当院ではどの部署にもがん診療に熟練したスタッフが診療に当たっており、安心して治療が受けられます。また、我々自身も日々スキルアップに努めています。
最後に、治療後のQOL(生活の質)の変化は患者さんにとって非常に重要なことで、決して無視することはできません。治療方針決定の際にはこのようなQOLの変化にも重点を置き、患者さんとの対話により決定しています。もし、がんと診断されて悩まれているようなら四国がんセンターに足を運んでください。

診療実績について

2019年臨床統計(PDF)

 
2019
2018
2017
2016
2015
2014
腹腔鏡下腎摘除術
12
13
6
4
4
5
腹腔鏡下腎部分切除術
9
6
15
7
13
12
  (ロボット支援)
(9)
(6)
(15)
(6)
腎尿管全摘(開腹/腹腔鏡)
8
4
2
9
7
16
膀胱全摘
4
5
6
9
11
12
骨盤内蔵全摘
1
4
2
2
1
1
  新膀胱
3
3
2
5
9
6
  回腸導管
2
6
6
6
3
6
経尿道的膀胱腫瘍切除術
156
127
136
108
158
164
尿管鏡
7
12
6
10
8
15
前立腺全摘
67
78
81
90
86
46
  (ロボット支援)
(67)
(78)
(81)
(90)
(64)
(7)
小線源療法(ヨウ素125)
7
11
10
12
26
24
前立腺生検
201
174
241
235
260
281
高位精巣摘除
4
4
3
1
5
6
後腹膜リンパ郭清(精巣がん)
0
0
2
1
0
1
人工尿道括約筋植込・置換術
8
8
0
1
1

特徴的診療

ロボット支援手術

泌尿器科では前立腺がんと腎がんに対する腎部分切除術に対してロボット支援手術が保険適応で可能です。当院ではこれらの手術も1日2例可能になり、初診から1~2ヶ月以内に手術可能です。現在まで約350例に対して行っており、手術成績も良好です。また、2018年4月からは膀胱がんに対してもロボット支援手術が可能になりました。

人工尿道括約筋埋め込み術

前立腺がんに対する前立腺全摘除術は、手術手技の向上により術後の最大の合併症である尿失禁に関しても良好な成績を収めるようになってきました。特に最近急速な進歩を遂げてきたロボット支援手術ではさらに成績が良くなっています。しかし、ロボット支援手術をもってしても術後の尿失禁は残念ながらゼロにはなっていません。中には1日の尿パッド使用枚数が5枚以上必要な方もおられます。これまでは尿失禁に対しては薬物療法が主体でしたが、十分な効果があるとは言えず、尿失禁に関しては有効な治療法がありませんでした。しかし、人工尿道括約筋が開発されてようやく尿失禁の改善が出来るようになりました。当院でもこの手術を2年前より開始し、良好な結果とともに、患者さんにも満足していただけるようになりました。1日の尿パッドが5枚以上必要な前立腺全摘除術後の患者さんは一度相談に来て下さい。もちろん他院で手術を受けていても問題ありません。

外来表

月曜日
橋根
冨田
新井
火曜日
水曜日
橋根
松村
井内
木曜日
金曜日
松村
井内
冨田

※診療担当は変更する場合がありますので、事前にご確認ください。

スタッフ紹介

統括診療部長橋根 勝義(はしね かつよし)

専門領域

泌尿器がん

認定資格
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本泌尿器科学会 認定専門医
  • 日本泌尿器科学会 指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 技術認定医
  • 日本ロボット外科学会専門医(国内A)
  • 泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了
  • 日本医療安全学会 高度医療安全推進者認定
  • 医療の質・安全学会 医療安全管理者養成研修終了
紹介記事

泌尿器科医長松村 正文(まつむら まさふみ)

専門領域

泌尿器科全般

認定資格
  • 日本泌尿器科学会 認定専門医
  • 日本泌尿器科学会 指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 技術認定医
  • 泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了
  • 日本移植学会 移植認定医
  • 日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
  • 卒後臨床研修指導医

医師冨田 諒太郎(とみだ りょうたろう)

専門領域

泌尿器科一般

認定資格
  • 日本泌尿器科学会 認定専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 技術認定医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター
  • 泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了
  • 卒後臨床研修指導医

医師井内 俊輔(いうち しゅんすけ)

専門領域

泌尿器科一般

認定資格
  • 日本泌尿器科学会 認定専門医
  • 泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了

医師新井 欧介(あらい おうすけ)

専門領域

泌尿器科一般

認定資格
  • 泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了

海外出張レポート

当科では海外主要学会への参加を積極的にサポートしています。

リクルートサイト(泌尿器科)ページへ

行っている臨床試験

前立腺がん

尿路上皮がん

腎がん

泌尿器がん一般