重要なお知らせ

四国がんセンターを受診されている患者さんへ

新型コロナウイルスが世界的な感染症となりつつあり、ウイルスの性質や対処法について現在も研究が続けられています。

四国がんセンターでがん治療を行っている患者さんが発熱した場合、下記の通り対応頂きますようお願いします。

  1. 1.担当医から発熱時の指示をうけている場合、まず指示に従って対応してください。
  2. 2.担当医から指示をうけていない場合、症状が軽度の感冒(発熱、咳など)であれば自宅で2日ほど様子をみて下さい。症状が悪化する場合や2日経っても改善しない場合、担当医あるいはお近くのかかりつけ医に電話で相談してください。とくにコロナウイルス感染症を疑う場合、帰国者・接触者相談センターへお問い合わせ下さい。
    →症状のある患者さんへ
  3. 3.受診している方でも下記のような状況ならば、自宅で4日間ほど様子をみていただくことが望ましいです。
    ・すべての治療が終了し経過観察中の方
    ・健康診断の精査目的で受診される方
    ・負担の少ない手術や処置(子宮円錐切除術、内視鏡検査、生検など)の後で全身状態が良好の方

新型コロナウイルス感染症から身を守るために注意すべきこと

普段の生活において以下の点を心がけることが効果的です。

  • 外出や人混みを避ける
    特にライブハウスやスポーツジム、大人数の会食など長時間換気の悪い場所に不特定の人々が集まる場所で感染が広がるとされています。
  • 手洗いを心がける
    手指を介した感染が咳やくしゃみによる感染よりも重要とする意見があります。手指消毒用アルコールもしくは流水と石鹸による手指衛生を積極的に行ってください。
  • 顔(特に眼、鼻、口)はできるだけ触れない
  • 家庭内でよく触れる部分(ドアノブ、スイッチ、手すり、リモコン、携帯電話など)の清掃、消毒をおこなう
  • 睡眠や食事をしっかりとり体調を整える
  • 発熱や咳がある場合、周囲に広げないようマスク着用する