新型コロナウイルスワクチンに関して

新型コロナワクチン接種の目安

  1. 1.ワクチン接種について
    • 一般的なワクチン接種制限となる発熱や感染などの兆候がなければ、基本的に接種してもらってかまいません。
    • 全身状態やアレルギーのことなど一般的な問診事項は、ご本人と接種医師の判断に一任します。
  1. 2.抗がん剤治療中のワクチンの接種タイミングについて
    • 抗がん剤治療が始まる前であれば、投与開始2週間までに接種を受けてください。
    • 点滴の抗がん剤治療を受けている方は、投与予定日の3日前から投与当日のワクチン接種は、可能な限り避けてください。
    • ホルモン治療や抗がん剤を連日内服する治療を受けている方は、ワクチンを避けるべき時期は特にありません。
  1. 3.注意事項
    • ワクチン接種後も、手洗い、マスク着用、人混みを避けるなどの一般的な感染予防対策は継続してください。
    • 治験・臨床試験参加中の方は接種する前にCRCや主治医に確認してください。
    • ワクチンに反応したリンパ節腫大が起こるため、CTやPET-CTは、接種から4週以上あけて撮影してください。
    • 腋窩(わきのした)のリンパ節を郭清した方は、部位を変えて接種可能です。接種時に申し出てください。
  1. 4.上記1~3に加えて、緩和ケア受診中の患者さん
    • かかりつけ医や近医に受診できる方は予防接種可能です。
    • 寝たきりで受診も困難な方については、接種をお勧めしません。

がん患者さんに対するワクチンについてのQ&A

Q1.私はワクチン接種の対象ですか?

18歳以上の全ての国民がワクチン接種の対象ですが、現在の政府の方針ではワクチン接種は次のような順番になる見込みです。

  1. 1.医療従事者等
  2. 2.高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 3.高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. 4.それ以外の方

65歳以上の方は、がんの有無にかかわらず、2.のタイミングで受けることが可能です。
65歳未満の方で、現在がん治療を受けられている方と基礎疾患のある方は、3.のタイミングで受けることができます。
がん治療が終了し経過観察だけを行っているなど、現在がん治療を受けられていない65歳未満の方は4.にあたります。これらの対象者は状況により変更になる可能性がありますので、市町村等からの最新の情報をご確認ください。

『基礎疾患』には現在次のようなものがあげられています。主治医・かかりつけ医にご相談ください。

3.の「基礎疾患を有する方」に該当する病気等

  1. 1) 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
    1. 慢性の呼吸器の病気
    2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    3. 慢性の腎臓病
    4. 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)

    5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
    8. ステロイドなど、免疫の機能を低くださせる治療を受けている
    9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    11. 染色体異常
    12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    13. 睡眠時無呼吸症候群
  2. 2)基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
    *BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。
Q2.来月、がんの手術を受ける予定です。手術の前に新型コロナウイルスワクチンを受けておいた方が良いでしょうか?

手術直前に新型コロナウイルスに感染し、手術直後に発症した場合には重症化する恐れがあります。もし接種可能であれば、手術前に接種することをお勧めします。
しかし、ワクチン接種後、発熱や体のだるさなどの副反応が出る可能性がありますので、接種の時期につきましては、主治医の先生とよくご相談ください。

Q3.三年前にがんの手術を受けました。その後はがんに対し何も治療は受けておりませんが、定期的に通院中です。ワクチン接種の対象になりますでしょうか?

全ての国民がワクチン接種対象です。その順番は (1)医療従事者等、 (2)高齢者(おおむね65歳以上)、 (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方、(4)それ以外の方、と想定されています。
経過観察のみでは『基礎疾患を有する方』にはあたりません。基礎疾患に関しては主治医・かかりつけ医にご相談ください。Q&A1もご参照ください。

Q4.現在、抗がん剤治療を受けています。ワクチンを接種した方がよいでしょうか? 受けたほうがいい場合、いつ接種するのが良いでしょうか?

抗がん剤治療中のがん患者さんがワクチンを受けた場合、どのような利点があるのか詳しくわかっていませんが、一定の効果が期待されています。米国がん治療学会は、がん患者さんに対してもワクチンに対しアレルギー等がなければ、ワクチン接種を受けることを推奨しています。

抗がん剤治療を開始予定の方は、抗癌剤治療を始める前に投与を行うことが勧められます。
現在、抗がん剤治療中の患者さんにおいて、いつ投与するのが良いのかに関しては十分わかっておりません。抗がん剤の種類やがんの状態も関係しますので、主治医の先生ともよくご相談ください。

Q5.がん患者の家族です。ワクチン接種を受けた方がよいでしょうか?

新型コロナウイルスは家庭内での感染が多数報告されております。
がん患者さんは免疫が低下していることも多く、もし感染した場合には重症化や死亡のリスクが高くなるとも報告されております。
そのため、ご家族にがん患者さんがいらっしゃる場合には、手指消毒、マスクの着用、3密の回避をとってもらうとともに、家庭内での感染を減らすため、新型コロナウイルスワクチンの接種をお勧めします。

新型コロナウイルスワクチンに関して

Q1.新型コロナウイルスのワクチンはどのようなものがありますか?

国内外から数多くのワクチン開発が進められておりますが、現時点では、下記3社のワクチン接種の準備が進められております。

メーカー
ファイザー社
モデルナ社
アストラゼネカ社
開発コード
BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine
mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine
ChAdOx1 nCoV-19 vaccine (AZD1222)
種類
mRNAワクチン
mRNAワクチン
アデノウイルスベクターワクチン
投与方法
筋肉注射
筋肉注射
筋肉注射
投与回数
2回
2回
2回
投与間隔
21日
28日
28日
1回投与量
0.3ml
0.5ml
0.5ml

(注:これらの用法・用量は海外のデータであり、本邦においては異なる可能性があります)

Q2.mRNAワクチンとはどういったものですか?

これまでのワクチンは、ウイルスそのものを培養し、ウイルスの病原性を無くしたり、弱めたりした不活化ワクチンや、弱毒化ワクチンなどが使用されておりました。
mRNAワクチンは人工的に合成されたmRNAから作られた、新しい種類のワクチンです。

人間の体を構成している細胞には、体の設計図であるDNAが存在しています。
体に必要な様々な種類のタンパク質を作るためには、細胞内においてDNAからmRNAに翻訳し、このRNAをもとにアミノ酸が合成されタンパク質が作られます。
新型コロナウイルスmRNAワクチンは、新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の一部をコードするmRNAを人工的に合成して作られています。
しかし通常、mRNAはすぐに分解されるため、ワクチン開発にあたっては体内で分解されにくくなるよう様々な工夫が行われていたり、超低温下で保管したりする必要があります。
接種されたmRNAは体内の細胞に取り込まれ、体内で新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が作られることによって免疫を獲得します。

Q3.アデノウイルスベクターワクチンとはどういったものですか?

アデノウイルスはいわゆる、「風邪」の原因となるウイルスのひとつです。
本ワクチンは、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の遺伝子を、人間に対し病原性がないもしくは弱めたアデノウイルスに組み込んで作られたもので、このウイルスを投与することで免疫を獲得します。

Q4.ワクチンの種類を選ぶことはできますか?効果や副反応に違いがありますか?

ワクチンの接種時期・ワクチン接種会場により、提供されるワクチンが決まっており、ワクチンの種類を患者さん自身が選ぶことはできません。
現時点では、ファイザー社のワクチンから接種が始まる予定です。
ワクチン間での効果や副反応に違いがあるかどうかについてはわかっておりません。

Q5.一回目と二回目の投与で同じワクチンを投与するのですか?

原則、1回目と2回目は同じ会社の同じ種類のワクチン接種を受けて頂きます。

Q6.ワクチン接種でどのような効果が期待されますか?

新型コロナウイルス感染の発症を予防する効果や、重症化を防ぐ効果が示されております。

Q7.ワクチン接種の副反応として、どのようなものがありますか?

穿刺部の痛み、発赤、腫脹、発熱、悪寒、頭痛、体のだるさ、関節痛、筋肉痛、吐き気や嘔吐といったことが報告されています。
その他、非常にまれですが、アナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応の報告もあります。アナフィラキシーは10万人に1人程度と報告されています。

Q8.ワクチンの効果はどの程度続きますか?

ワクチン接種は開始されたばかりであり、どの程度効果が続くのかなどについての詳細は不明です。今後、インフルエンザワクチンの様に毎年受ける必要があるのか、麻疹などのように長期間効果が持続するのかなどについても十分わかっておりません。

Q9.新型コロナウイルスのワクチンは、2回接種が必要ですが、1回だけの接種では駄目でしょうか?

一定の間隔を開けてから、2回目の投与を行うことで、新型コロナウイルスに対する免疫をより高めること(ブースター効果)が期待されています。これまでの研究では2回投与を行うことで高い予防効果が報告されております。1回だけでの予防効果は不明ですので、必ず2回受けてください。

Q10.2回目の接種の時期に入院予定で接種が受けられません。

入院中の接種が可能かどうかにつきましては、主治医の先生ともよくご相談ください。
健康な方においては、1回目の投与から6ヶ月経過しても効果が持続する可能性があると言われております。
米国疾病管理予防センター(CDC)では、規定された間隔で投与が困難な場合にも6週間以内での投与を許容しております。さらにこれ以上の間隔があく場合にもデータは十分ではないですが、あらためて一回目から接種し直す必要はないと公表しています。
これら推奨された期間が難しい場合でも、接種可能となりましたら、早いタイミングで、2回目のワクチン接種を行ってください。

Q11.インフルエンザワクチンを受けました。新型コロナウイルスワクチンの接種はどの程度の間隔を開けて受ければ良いでしょうか?

インフルエンザウイルスをはじめとしたその他のワクチン接種を受けた場合には、新型コロナウイルスのワクチン接種は14日間あけてから接種してください。

Q12.先日、新型コロナウイルスに感染しました。新型コロナウイルスワクチンを投与してもよいでしょうか?

新型コロナウイルスに感染したことがあっても、症状が無かったり、軽かったりした場合には、十分な抗体が産生されていない可能性があります。ただ、感染直後の再感染は稀とも言われておりますので、感染してから90日以降を目安に受けてください。

Q13.新型コロナウイルスの予防接種を受けて重い後遺症が残りました。何か補償を受けることができますか?

新型コロナウイルスワクチンも、予防接種健康被害救済制度の対象となります。
健康被害の内容について審査が行われ、予防接種が原因で健康被害が生じたと認められた場合には、本制度の対象となる可能性があります。
詳細につきましては、厚生労働省のホームページをご覧になって頂くか、お住まいの市町村の窓口にご相談ください。
厚生労働省:予防接種健康被害救済制度

関連サイト(クリックで詳細へ)

1) 厚生労働省:新型コロナウイルスワクチンについて
2) 米国疾病管理予防センター(CDC):COVID-19 vaccine(英語)
3) 米国国立衛生研究所(NIH): vaccines(英語)
4) 米国がん治療学会(ASCO):COVID-19 Vaccine & Patients with Cancer(英語)
5) 米国がん協会(American Cancer Society):COVID-19 Vaccines in People with Cancer (英語)
6) 欧州がん治療学会(ESMO):COVID-19 vaccination in cancer patients: ESMO Statement (英語)

ワクチン開始時期、接種時期など(5/25時点の情報)

本項に記載の内容は、令和3年5月25日時点での情報です。
なお、開始時期、接種対象者や申し込み方法等につきましては、随時変更されます。
政府や市町村から公表される最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

Q1.ワクチン接種はいつ頃から始まりますか?

1.医療従事者等につきましては、令和3年3月から接種が開始されています。
2.65歳以上の高齢者の方につきましては、個別接種が5月31日からはじまります。四国がんセンターも接種会場の一つに登録され、松山市在住の方を対象に5月31日からワクチン接種を行います。
それ以外の方の接種につきましては情報が随時更新されますので、各自治体のHP等をご覧ください。

Q2.ワクチンはどこで受けることができますか?

住民票所在地の市町村の指定医療機関や接種会場で接種を受けていただくことになります。希望する方は、市町村の指定するコールセンターに電話あるいは専用ホームページにアクセスし接種予約を取ってください。接種予約日までに市町村から「接種券付きクーポン券」が届きます。

Q3.ワクチン接種にはお金が掛かりますか?

無料です。

Q4.ワクチン接種は必ず受けないといけませんか?

ワクチンの接種は強制ではありません。任意です。
受けることによる感染症予防などのメリットと副反応のデメリットをご理解頂いた上で、受けるかどうかは最終的にご本人さん自身でご判断ください。

なお新型コロナワクチンに関する情報は、日々更新されております。政府や市町村から公表される最新の情報もご確認ください。