がんゲノム外来

がんゲノム医療とは

 がんは遺伝子の変異によって起こる病気で、その変異は患者さんお一人ごとに異なります。遺伝子の変異が治療薬の効果に影響をおよぼす場合があることがわかっていますが、通常のがん遺伝子検査では特定の限られた種類の遺伝子を調べているのが現状です。
 そこでがんの発症に関連した数百種類の遺伝子を網羅的に調べ、患者さんの治療や診断に役立てる医療を「がんゲノム医療」と言い、それに用いる検査を「がんゲノムプロファイリング検査(がん遺伝子パネル検査)」と呼びます。
 一部の検査は健康保険の適応となりますが、保険適応になる検査は、厚生労働省が指定したがんゲノム医療中核拠点病院・拠点病院・連携病院で受けることができます。
 四国がんセンターは、がんゲノム拠点病院に指定されており、以下のがんゲノムプロファイリング検査を実施しております。

当院で行っているがんゲノムプロファイリング検査

01. OncoGuide™ NCCオンコパネル【保険適応】

OncoGuide™NCCオンコパネルはがんに関連した114遺伝子を調べます。保険診療下で検査が可能です。

02. FoundationOne CDx® がんゲノムプロファイル【保険適応】

FoundationOne CDx® がんゲノムプロファイルはがんに関連した324遺伝子を調べます。保険診療下で検査が可能です。

01.02.が保険適応の対象となる方

1. 下記いずれかの診断を受けた方
…標準治療実施後にがんの進行が確認され、次の治療を探索している血液のがん以外の方
…原発不明がん(がんが最初に発生した臓器がはっきりせず、転移病巣だけが大きくなったがん)の方
…標準的な治療法が確立されていない希少がん(患者数が少なく稀ながん)の方
2. 全身状態及び臓器機能等から、本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した方

03. Guardant360【自費診療】

Guardant360はがんに関連した74遺伝子を調べます。他の検査と異なり、血液のみで検査可能です。保険診療の対象外となるため、自費診療として検査費用(400,000円+消費税)を負担していただく必要があります。

Guardant360が対象となる方

1. 血液のがん以外の方
2. 結果を早く知りたい(約3週間)方
3. これまでに行われた手術や検査の検体が利用できない方
4. がんゲノムプロファイリング検査の保険適応の条件にあてはまらない方

04. FoundationOne CDx® がんゲノムプロファイル【自費診療】

FoundationOne CDx® がんゲノムプロファイルはがんに関連した324遺伝子を調べます。上記02.の保険診療の適応にならない方で、自費診療として検査を希望された場合、検査費用(560,000円+消費税)を負担していただく必要があります。

自費FoundationOne CDx®が対象となる方

1. 血液のがん以外の方
2. 検査に使用できるがん細胞を含む検体がある方
3. がんゲノムプロファイリング検査の保険適応の条件にあてはまらない方

05. PleSSision【自費診療】

PleSSisionはがんに関連した160遺伝子を調べます。保険診療の対象外となるため、自費診療として検査費用(510,000円+消費税)を負担していただく必要があります。

PleSSisionが対象となる方

1. 血液のがん以外の方
2. 検査に使用できるがん細胞を含む検体がある方
3. がんゲノムプロファイリング検査の保険適応の条件にあてはまらない方

※ 保険診療と自由診療のどちらを選択することになるかは、下記の「がんゲノムプロファイリングの流れ」をご参照ください。

がんゲノムプロファイリング検査でわかること

がんゲノムプロファイリング検査を行うことで、がん細胞の遺伝子変異が検出され、その変異に対する治療薬や臨床試験の情報を得ることができます。ただし現在がんゲノムプロファイリング検査ならびに薬剤開発の状況から、治療につながる割合は10パーセント程度と言われています。有効な情報が得られない可能性も十分あることをご理解ください。

また数パーセントの割合で遺伝性腫瘍(生まれつきがんに罹りやすい体質を持つ)の遺伝子変異が見つかることがあります。これは、検査の副次的な結果ですが、その場合、血縁者(親、子、兄弟姉妹等)も同じ変異を持つ可能性があります。

検査の種類によっては採血が必要であったり、本検査の結果がご家族や血縁者に影響する場合もありますので、がんゲノムプロファイリング検査を希望される方は、「がんゲノム医療外来」にはご本人ならびにご家族の来院が必要です。

がんゲノムプロファイリング検査の流れ

予約
受診を希望される場合にはあらかじめ主治医からがんゲノム医療外来の予約を取っていただく必要があります。
診療科受診
各診療科外来で、保険適応の条件を満たしているか、判断をします。
がんゲノム医療外来受診
がんゲノム医療担当医師から検査の詳しい説明をします。同時に検体が検査に使用可能かの確認もします。
費用お支払
詳細は、検査費用についてをご覧ください。
検査提出
提出後、結果が出るまで1ヶ月半~2ヶ月かかります。
結果説明
診療科医師又は、がんゲノム医療担当医師から結果の説明をします。

あなたのがんゲノムプロファイリング検査が保険の適応になるかどうかは、当院で受診後に判断します

がんゲノムプロファイリング検査の流れ

検査費用について

検査費用・受診料支払いのご準備をお願いいたします。

  • 健康保険が適用される場合、検査費用については検査実施時に、8,000点(3割負担で24,000円)、結果説明時に48,000点(3割負担で144,000円)をお支払いいただくことになります。普段の診療とあわせ、「高額療養費制度」が適応となりますので、収入に応じて決められた自己負担分以外は払い戻しを受けることができます。
  • 自費検査の場合、Guardant360は400,000円+消費税、自費FoundationOne® CDxがんゲノムプロファイルは560,000円+消費税、PleSSisionは510,000円+消費税です。がんゲノム医療外来受診後、検査費用のお支払いの確認が取れた後に、検査の準備を進めてまいりますのでご了承ください。(現金、クレジットカードまたは振込でのお支払いが可能です)。

以上をご確認いただきまして、「がんゲノム医療外来」の受診をお願いいたします。

予約方法

当院で治療中の方の予約方法

  • 現在かかっている主治医にご相談ください。
  • ご相談後、がんゲノム医療外来を受診されることが決まりましたら「がんゲノム医療外来」の予約をお取りします。

当院で治療を受けていない方の予約方法

  • 患者さんからの直接の予約は受け付けておりません。
  • 受診希望の方は今受診されているかかりつけの先生に、予約を依頼してください。かかりつけの医療機関から当院地域医療連携室へFAXにてお申し込みいただきます。書類原本と組織標本はかかりつけの医療機関より事前に郵送にて当院「地域医療連携室・がんゲノム医療外来予約担当宛」に、配達記録の残る方法で外来受診日までにお送りいただきます。
  • お申し込みの翌日以降に、かかりつけ医療機関に受診日をお知らせ致します。受診当日までに、かかりつけ医療機関から予約票をもらってご持参ください。

がんゲノム医療外来予約に必要な書類

かかりつけの先生は、以下の書類をダウンロードしプリントアウトの上、必要項目を記載ください。当院にご提出の際には7.の「書類検体送付先ラベル」をご利用ください。

  1. 1.がんゲノム医療外来申込み書(患者さんが記入)
  2. 2.家族歴問診票(患者さんが記入。事前にご準備いただくと当日のご記入が不要になります。)
  3. 3.診療情報提供書
  4. 4.C-CAT登録記入用紙【紹介元記入分】
  5. 5.検体情報チェックリスト
  6. 6.病理診断報告書(かかりつけ医療機関の写し)
  7. 7.書類検体送付先ラベル
  8. 8.紹介元の先生へのご案内 ※外来の申込みの際には、患者さんの組織標本が必要となります。

こちらのページから6.以外をダウンロードしてください。 →各種書類ダウンロード

四国がんセンターに提出が必要な書類

上記1~2は、患者さんが記入
上記3~7は、かかりつけ医療機関が記入・作成

【申し込み先】
四国がんセンター 地域医療連携室
 直通電話番号:089-999-1201
 FAX番号:089-999-1115
 受付時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日を除く)

【書類・検体送付先】
〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160番
四国がんセンター 地域医療連携室『がんゲノム医療外来予約担当』宛

※上記、書類検体送付先ラベルをご利用ください。

がんゲノム医療外来受診にあたっての注意点

  • 各検査費用には、受診料は含まれていません。別途受診料が必要になります。
  • がんゲノム医療外来は、原則ご家族の同席をお願いしています。
  • 受検に関わらず病理診断費用が必要になる場合があります。
    がんゲノム外来受診後スムーズな検査実施を行うために、事前検体の送付は外来の1週間前の到着をお願いしています。検体受領後、改めて病理診断を行ったうえで検査に使用できるかの判断をしますので、検査実施の有無に関わらず病理診断費用が必要となる場合がありますことをご了承ください。

よくあるご質問

Q1. がんゲノム医療外来を受診したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

まずかかりつけ医(主治医)に当院、がんゲノム医療外来受診の希望をお伝えください。その後、かかりつけ医から当院地域医療連携室を介して予約を取ってもらってください。 患者さんからの直接の予約申し込みは受け付けていません。 受診日時は、平日の8:30~17:15の間で調整させていただきます。 ※ご予約がお取りできるまでに数日かかる場合があります。

Q2. 家族のみでも受診できますか?

初回受診時と結果説明時には、患者さん本人とご家族の方に受診していただく必要があります。

Q3. 入院中に検査を受けられますか?

当院、当院外にかかわらず、入院中の方はこの検査は受けられません

Q4. 何を使って検査するのですか?

過去に行った手術や検査(生検)で採取したがん組織を使います。検査の種類によっては採血も必要となります。

Q5. 検査に使用する検体はどのようなものを準備すればいいのですか?

検体の詳細については、前述のがんゲノム医療外来予約に必要な書類の中の、「紹介元の先生へのご案内」に記載しています。ダウンロードしていただき、かかりつけ医にお渡しください。

Q6. 検査結果が分かるまでにはどれぐらいの時間がかかりますか?

検査の種類によりますが約1ヶ月半~2ヶ月です。

スタッフ紹介

臨床研究センター長上月 稔幸(こうづき としゆき)

専門領域

呼吸器
がん薬物療法

認定資格
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本内科学会 認定教育施設指導医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医

がんゲノム医療センター部長
仁科 智裕(にしな ともひろ)

専門領域

食道がん・胃がん・大腸がん・胆道がん・すい臓がん
抗がん剤治療

認定資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医 認定教育施設指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 指導医
  • 日本消化器病学会 専門医 指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 指導医 暫定教育医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医
  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO) 正会員

医師(非常勤)山本 弥寿子(やまもと やすこ)

専門領域

婦人科腫瘍

認定資格
  • 日本遺伝カウンセリング学会・日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
  • 日本家族性腫瘍学会 家族性腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医